仕事

30代のSEが会社の飲み会を断り続けた結果【効果ありすぎ注意】

30代のSEが会社の飲み会を断り続けた結果【効果ありすぎ注意】

会社の飲み会ってつまんないし、お金もかかるし行く意味あるのかな。いや、ない!

 

30代のエンジニアでこんな疑問を抱えているあなたをお助けします!

 

記事を書いている本人はエンジニア歴13年のシステムエンジニアです。

金融系やECサイトなどの案件を経験し、現在はフリーランスのエンジニアで稼いでいます。

 

会社の飲み会は無駄だと思っていて行きたくないというあなた。

 

それが正解です。

 

はっきりいって時間とお金の無駄遣いでしかありません

 

行きたくないけどなんとなく断りにくいですよね?同調圧力によって全員参加の雰囲気があるのはものすごくわかります。

 

でも、会社の飲み会を断るメリットはめちゃくちゃ高いので、周りに差をつけて30代以降の人生を有意義に過ごすためには絶対に断った方がいいです。

 

こんな方におすすめ

  • 飲み会を断るメリット
  • 飲み会を断るのは未来を明るくする大きな一歩
  • 飲み会に行かなくても会社の評価なんて変わらない

 

30代のエンジニアなら身近な悩みだと思いますので、

どうぞ最後までお読みください!

 

会社の飲み会を断るメリット

 

会社の飲み会を断るとこんなメリットがあります。

・会費を払わないのでお金が節約できる(3,000円〜4,000円)

・飲み会の時間を自分のために使える(3時間以上)

・つまらない会話をしなくて良いのでストレスが減る

 

 

僕は会社員の時はちゃんと飲み会に参加していたタイプです。

 

 

ほんと、無駄なことしてたなって後悔してます(笑)

 

 

時間とお金のことを真剣に考えていなかったし、社内で嫌われないようにしてたんですよね。

(いま考えると情けない奴ですね)

 

飲み会の時間を自分のために使うことで、将来への備になってきます。

自分への投資ということです。

 

30代なら自分の時間はこのように使いましょう。

・技術を磨くための勉強

・趣味に没頭する

・健康のために睡眠時間を多くとる

 

どれも自分の人生を豊にしてくれる内容です。

 

収入を上げるためにSEとしての勉強は必要ですし、健康を維持してストレスを軽減するために時間を使うべきです。

 

「ジョジョの奇妙な冒険」でおなじみの荒木飛呂彦先生は仕事を忘れるために趣味に没頭する時間を作るそうです。

ONとOFFの切り替えが上手くできているからこそ、仕事が成功しているんですね。

 

会社の飲み会に行っても人のために時間を使っているだけだぞ!
もっと自分のために時間とお金を使おう!

 

断り方なんてなんでも良いんです

飲み会の断り方を気にする人が多いですが、結局はなんでもいいんです。

 

「飲み会 断り方」で検索している人が多いですが、なんと言って断っても社員からの目が冷たいことには変わりません(笑)

 

ちなみに、断り方で多いのはこんな内容です。

・案件が忙しいので飲み会に間に合わない

・プライベートの用事があるので参加できない

・次の日は朝が早いので参加できない(飲み会が週末の時に使えます)

 

 

欠席すると理由が欲しがられますが、なんだっていいんですよ。

 

断る理由を考えるのも疲れちゃってたな〜。
周りの目なんて気にしないで次からはキッパリ断ろう

 

会社の飲み会を断ってやること

会社の飲み会を断ってやること

 

会社の飲み会を断ったならあなたがやるべきことはこちらです。

・仕事のための勉強

・趣味に没頭してストレス解消

・早く寝る

 

 

それぞれ具体的に何をするか解説していきましょう。

 

飲み会を断ってやること:仕事のための勉強

まずは仕事の勉強をすることが一番効果が高いです。

 

参考書を2,3ページ読むだけでもいいですし、仕事で使った技術を少し深掘りして調べてみるのもいいでしょう。

 

プログラミングを2,3行書くだけでもあなたの成長に役立ちます。

勉強は無理して一気にやらないのがコツ

すぐに飽きちゃったり挫折するパターンが多いので、ちょっとやるだけで大丈夫です

 

他の人は飲み会に行ってるんだから、その時間に勉強できるあなたとは3年後に大きな収入の差ができているでしょう。

 

プログラミングの勉強始める前にちょっとしたコツを解説した記事をご覧ください。

>>プログラミングを勉強するあなたに伝えたいこと3つ

 

飲み会を断ってやること:趣味に没頭して仕事を忘れる

飲み会を断ったなら趣味に没頭して仕事のことを忘れましょう。

 

自分の好きなことの集中することでこんなメリットがあるんです。

考えることをストップして脳がリフレッシュする

 

 

夢中になって遊ぶのは全然悪いことではありません。

 

 

仕事で疲れた脳を休ませるには、仕事のことを考えないことが一番です。

 

でも家にいると、なんとなく仕事のことが頭から離れませんよね?

 

実はこれが脳にとっては悪影響なので、仕事を忘れて楽しめることでリフレッシュしましょう。

 

飲み会を断ってやること:早く寝る

シンプルに帰って早く寝ましょう(笑)

 

睡眠の重要性はここ数年で一気に注目を浴びています。

 

会社の飲み会は週末にやることが多いですが、金曜の夜なら早く帰って次の日のために早く寝た方が絶対にいいです。

休日に早起きして、趣味を楽しんだり、勉強をした方が精神的にもいいです

 

飲みに行ってストレス解消するような風潮はありますが、どうせ会社や人間関係の愚痴を言ったり、終電間際の混雑した電車で逆にストレスが溜まります。

 

早く寝る習慣をつけた方が今後の人生にも大きく役に立ちますよ!

 

30代なら将来のために無駄な飲み会を断ろう

 

飲み会を断ることで大きなメリットがあることはお分かり頂けたでしょうか。

 

どう考えてもメリットしかありません。

 

そして飲み会を断って自分のために行動できた人が、将来を有意義に過ごせるのではないかと思います。

 

僕は会社員の時は仕事の飲み会には積極的に参加していたタイプです。

・上司に気に入られたいから

・断る理由を作るのがめんどくさいから

 

 

このような理由で飲み会に行ってましたが、今考えるとこの記事に書いてあることを実践していれば3年以上は早く稼げるようになってたと思います。

 

もしも今週末に飲み会が企画されていたら、本記事をみたら断ってみようかなと思っちゃいますよね。

 

断っても全然問題ありません。早く行動して将来のために動きましょう!

 

何から行動して良いか解説している記事はこちらです。

>>年収をあげたい30代のSEに伝えたい3つのこと

 

【まとめ】30代に残された時間は少ない【即行動が稼ぐカギ】

 

今回のポイント

  • 仕事の飲み会は断っても全然問題ない
  • 飲み会を断ったら自分のために時間を使おう
  • 次の飲み会が決まっていたら今から断ろう

 

30歳を過ぎると時間が経つのはあっという間なので、悩んでいる時間があれば行動しましょう。

 

飲み会を断ったところで、あなたの評価なんて変わりませんから心配し過ぎないでください。

もしもそれが評価に影響するような会社であれば、転職ちゃえばいいんですから!

 

IT系に特化した転職エージェント「レバテックキャリア」で年収が上がる企業を探すと良いでしょう。

こちらの記事もご参考ください。

>>レバテックキャリアの評判を徹底解説します!

-仕事