仕事

【学歴不問】負け組エンジニアが這い上がる方法【答え:プログラミング】

【学歴不問】負け組エンジニアが這い上がる方法【答え:プログラミング】

 

 

30歳になったのに年収も低いし、給料も全然上がらない、、、
負け組から脱出したい!助けて!

 

自分は負け組からなんとか抜け出したい!という悩みを抱えている30代のエンジニアを救うべくこの記事を書きました。

 

この記事で分かること

  • プログラミングが出来れば転職やフリーランスになるのは簡単
  • プログラミングスクールはお金はかかるけど負け組から抜け出せる

 

プログラミングが出来ればこの先の人生圧倒的に有利です。

 

エンジニアで給料も安くて将来の見えない会社にいるのであれば、

プログラミングを覚えてサクッと転職してしまえば負け組から抜け出せます。

 

僕のプロフィールはこちらです。
本記事の信頼性
  • 高卒フリーター→未経験でIT業界に転職→フリーランスに転向
  • エンジニア歴10年以上
  • フリーランスで年収1000万円達成
  • 転職は3回経験
  • SES事業の経験もあり

 

あなたは「やらない理由」を並べてダラダラと過ごしていませんか?

・プログラミングを勉強する時間がない

・プログラミングの勉強の仕方が分からない

・学歴がないから転職できるか不安

 

10年後にあなたの仕事は存在するとは限りません。

現状維持のつもりで働いていても、給料は少ししか上がらないし仕事のストレスも増えるばかりで、今よりも確実にひどい状況になります。

 

不安ばかり煽ってもいけませんが、危機感があれば今回の記事を読んで負け組脱出に向けて行動して欲しいんです。

 

30代負け組エンジニアの特徴

 

30代の負け組エンジニはにはこんな特徴があります。

 

・最新技術に全く触ることのない仕事内容

・年収300万円以下

・手順書作成や台帳管理、テスターなどの誰でもできる仕事

 

あなたの現状がどれかに当てはまっているなら「負け組エンジニア」です。

 

エンジニアだけどいつも手順書作ってて時間におわれてる、、、

 

とりあえず仕事にはありつけているけど、このままではお先真っ暗です(キッパリ)

 

5年後や10年後はさらにキツくなります

IT技術は常に進化しているので、今の仕事がこの先もあるとは限りません。

 

人がやっていた仕事を、コンピューターが代わりにやってくれます

 

少しづつですがAIも登場してきているので、人間の仕事はどんどん減ってくるでしょう。

 

あなたの仕事はコンピュータがやってくる事になるので、会社からは必要ない存在になります(泣)

 

AIやシステムを作る側の人間なら、この先も仕事は増えるよ。
稼げる仕事も増えるから早めに現状を変える行動をした方が良いね!

 

30代のエンジニアにプログラミングはもう遅い?

30代の負け組エンジニアが這い上がるにはプログラミングが必要

 

30代のエンジニアがプログラミングを勉強して転職するのは遅いのでしょうか?

 

全然遅くないです。むしろ今が1番若いのですぐにでも勉強するべきです

 

企業はwebサービスやアプリ開発を拡大しているので、常にプログラマーが必要な状況です。

 

30代でも未経験からプログラミングを勉強して転職することは思っているよりも簡単です。

 

IT業界は常に人材を探している

IT業界は仕事もたくさんあり人材も常に募集しています。

 

案件のほとんどがプログラマーの募集です

 

インターネットやスマホの普及を考えたら、webサービスが重要になるのは当然ですよね。

 

企業がやりたい事があるのに、人材と技術が追いついていないんです。

 

「今からプログラミングを勉強したってもう遅いよ。。。」と思っているなら、それは大間違いです。

 

稼げるエンジニアの席はまだまだ空いているので、他の誰かに取られないようにあなたが先に座りましょう!

 

プログラミングスクールに通えば問題なし

 

ではプログラミングを勉強するためには、具体的にどうすれば良いのでしょうか。

 

プログラミングスクールに通う

のが最も効率的です。

 

勉強を独学で始めてしまう人も多いのですが、これはほぼ100%失敗するのでやめましょう

 

独学で勉強を始めても、途中で挫折してしまったらせっかくの負け組脱出のチャンスまで無くしてしまいます。

 

プログラミングスクールなら転職までサポートしてくれる

独学では失敗してしまうからこそ、プログラミングスクールに通うべきなんです。

 

30代の会社員で働きながら勉強する事にも適しています。

 

最近のプログラミングスクールの特徴を下記にまとめました。

・授業はオンラインで対応

・分からない事はいつでも相談できる「メンター」がいる

・勉強するプログラミングはweb開発に特化している

・転職までサポートしてくれる

 

内容もかなり充実していて、スクールといっても実際の仕事と同じようにweb開発をするので、実践的な内容です。

 

教科書通りにプログラミングを覚えるわけではありません

 

また、転職もプログラミングスクールがサポートしてくれるんです。

どういう事かというと、スクールの勉強過程が終わると、スクールが紹介する企業と面談して就職までをサポートしてくれるのです。

 

転職サポートとは

  • 企業との面接対策
  • 履歴書、職務経歴書の作成アドバイス
  • 自己分析のサポート
  • 転職先企業の紹介
  • 面談日程の調整

 

転職エージェントは使わずに、プログラミングスクールが転職先の企業を紹介してくれて、面談や内定の調整までやってくれます。

 

スクールだからといってプログラミングを勉強するだけではないんです!

 

実践向けの勉強だから、転職しても即戦力として働けます!

 

プログラミングの勉強に学歴は不要

プログラミングの勉強に学歴は不要

プログラミングの勉強に不安がある方、「学歴」は必要ありません。

 

転職もプログラミングスクール出身であれば学歴は問われません

 

学歴は過去の努力の結果なので、30代になってから取り戻す事はできません。

転職に自信がなかったりスクールに通う事を学歴がないという理由で躊躇する人もいるはずです。

 

僕の経験ではフリーランスになることも学歴は問われませんでした。
エンジニアならどんな技術を使った実績があるかが重要です。

 

エンジニアはこれから頑張れば簡単に稼げます

安定した仕事で、安定した収入が欲しいのはみんな同じですが、そのためには勉強して前に進み続けていた方が結果的に安定します。

 

同じ会社にずっと居続ける事が安定ではありません

 

常に変化して、チャレンジしていきましょう。

 

特にプログラマーであれば間違いなく稼げます。

・転職すれば年収は50万円以上は上がる

・フリーランスなら年収600万円以上は確実

・プログラミングの副業なら月5万円は稼げる

 

プログラミングを勉強した結果はどれも魅力的です。

 

実際のところ、プログラミングスクールの数も増えてきているし、スクールの料金も値上がり傾向にあります。

過去の値上がりペースだと年に一回は値上がりしています。

 

1年後の今頃には値上がりしていて「あの時に申し込んでおけばよかった!」と後悔しないように注意して下さい

 

【まとめ】プログラミングは今から勉強しても遅くない

 

今回は30代の負け組エンジニアの這い上がる方法をご紹介しました。

 

今回のポイント

  • 武器がないならプログラミングを覚えよう
  • プログラミングスクールなら転職までサポートしてくれるから一石二鳥

 

ここまで書いておきながら僕は負け組という言葉が好きではありません(笑)

人それぞれ生き方のペースがありますし、何かに負けるなんて人のことを評価してもよくないですよね。

 

しかし、

せっかく仕事をするなら稼ぐべきだと思いますし、良い企業で働くべきです。

 

過去の自分はいったん忘れて、未来に向かって進んでみませんか?

悩んでいるならプログラミングスクールに飛び込んだ方が、結果的に人生は良くなりますよ。

 

年齢だって今が一番若い!行動しちゃえば人生はすぐに変わっていきます

 

おすすめプログラミンスクール

-仕事