仕事

【安全】コロナ禍でフリーランスの収入は減っている?【エンジニアなら安定してます】

【安全】コロナ禍でフリーランスの収入は減っている?【エンジニアなら安定してます】

 

コロナで仕事を失う人が増えてる、、、
エンジニアもいつ契約が切られるか不安だ!

 

コロナ禍の現在、世界的に経済が停滞していて日本でも影響を受けています。

給料がカットされたり、休業によって収入がなくなる人も増えています。

 

フリーランスのエンジニアはどうなのか、僕の周りの仕事仲間の状況などで解説していきます。

 

この記事でわかること

  • ・コロナ禍でもエンジニアの収入は安定している
  • 今はフリーランスになるのはやめて準備をするべき

コロナ禍でもエンジニアの収入は安定している

 

コロナ禍でもフリーランスのエンジニアなら収入は安定しています。

 

 

なぜなら、

企業のシステム開発はコロナ禍の影響が少ないから

です。

 

 

世の中的には大問題で毎日のようにニュースで騒いでいますが、システム開発については影響はかなり少ないです。

 

極端ですが電気が使える限り、パソコンがインターネットに繋がればどこでも仕事ができるので今も問題ありません。

 

 

 

コロナ禍になっても問題なく仕事をするために、企業も対策を取っていますし。

 

・テレワークで通勤や出社をやめる

・打ち合わせにはテレビ会議を使う

・クラウド化でどこからでも作業ができるようにする

 

エンジニアなら打撃を受けにくいよ。
絶対に会社に行って仕事をしなきゃいけないわけじゃないから

 

でも少しは仕事が減ります

影響は受けにくいと言っても少しは仕事が減ります。

 

なぜ減るかというと、

・お客さんがテレワークになって打ち合わせが少なくなった

・売り上げが減ったからシステム開発の予算が減った

などです。

 

 

仕事をもらっているお客さんの利益が減れば、間接的にエンジニアにも影響してきてしまうんです。

もともと進めていた開発案件がコロナ禍によって延期したという話は多いです。

 

フリーランスは収入が不安定なことがありますが、しっかりと準備していれば万が一の時にも安心です。

お金の不安はみんな一緒なので、何をすればいいかこちらの記事も参考にしてみてください。

>>フリーランスが将来の不安を消す方法

 

逆にコロナ禍で仕事が増えるケースもある

コロナ対策で新規案件というケースもあります。

 

 

どういう事かというと、

・コロナ禍でサービスの仕様を変えるためにシステムを変更する

・自宅で過ごす時間が増えた人向けに新規サービスを開発する

などです。

 

 

こういうのはめちゃくちゃチャンスですね。

 

 

お客さんもすぐに新規サービスをリリースしたいので、エンジニアの募集をガツっと出してくるので入れたらラッキーです。

 

 

企業からしてみたら早くリリースしないと収益が減ってしまうので必死なわけですから。

 

まさに売り手市場!
コロナ禍を利用して稼ぐなんてエンジニアすご

 

でも、そんな案件は多くはないけどね。
エンジニアなら仕事に困らないって感じで覚えてもらえれば

 

フリーランスはコロナ禍だと新規案件が取りづらい

フリーランスはコロナ禍だと新規案件が取りづらい

 

フリーランスがコロナ禍で困っていることといえば新規案件が取りづらいということです。

 

 

僕の周りのエンジニアも嘆いています。

 

 

なぜ新規案件が取りにくくなっているかというと、

・企業がシステム開発を縮小しているのでエンジニアが必要ない

・テレワークの普及でお客さんと面談の予定が取れない

からです。

 

 

安定してる現場で働けているならいいのですが、もしも契約が切られた時に次の案件を探すのがしんどい状況です。

 

この時期にフリーランスに転向するのもやめた方がいいでしょう。

 

さすがにこの状況ならやめといた方が安全か

 

チャンスはこの後やってくる

ピンチの後にはチャンスがきます。

 

コロナ禍が落ち着けば今まで縮小していたシステム開発も再開されるでしょう。

 

そうなればエンジニ募集の嵐になる(はず)です!

 

そんなうまくいくかな(笑)

 

まあ、思い通りにはならないかもですが、エンジニアの仕事は減る事はないでしょう。

 

今のうちに準備をしておけばフリーランスへの転向や、転職して稼げるようになれると思います。

 

フリーランスになるために準備する内容を事前に知っておくとスムーズです。

こちらの記事で解説していますのでご覧ください。

>>フリーランスになるために準備するものは3つだけ

 

はっきり言ってプログラミングができるエンジニアは、コロナ禍でもほとんで影響を受けてませんから。

みんな普通に仕事してますし、むしろテレワークになって快適に仕事ができて稼いでいます。

 

うらやましすぎ!

 

プログラミングスクールもオンライン対応が増えているので、今のうちに学習しておくと良さそうですね。

 

5年後、10年後を考えるなら絶対にプログラミング技術は必要ですから。

 

エンジニアに転職できるプログラミングスクールについてはこちらの記事もどうぞ。

>>【30代】絶対に転職できるプログラミングスクールTOP3

 

フリーランスでもエンジニアなら特殊な状況に強い

フリーランスでもエンジニアなら特殊な状況に強い

 

フリーランスでもエンジニアで稼いでいれば特殊な状況になっても強いです。

 

 

その理由を僕なりにこう考えています。

・店舗がなくてもインターネットで収益を上げられる

・スマホだけで日常生活を過ごす人が増えている

 

 

つまり、インターネットやスマホの普及で企業のビジネスモデルが変化してきているんですね。

その変化に対応するためにサービスを開発しなくちゃいけないし、エンジニアが必要になってくるというわけです。

 

エンジニアってすごくない?

 

僕もエンジニアとして働いていますが、まだまだ日本全体の技術力って低いと思ってます。

だからプログラミングとか勉強して使えるようになれば、すぐに大企業の案件に入れて稼げるようになれますよ。マジで。

 

【まとめ】フリーランスのエンジニアならコロナ禍でも安定している

 

コロナ禍でのフリーランスエンジニアの状況について解説しました。

 

この記事のポイント

  • コロナ禍でフリーランスになるのはやめておく
  • エンジニアなら未曾有の事態にも影響を受けにくい
  • 今のうちにプログラミングを覚えてエンジニアになる準備をしておく

 

僕の周りのフリーランスエンジニアでは、収入が減ったとか、契約を切られたという話は聞こえてきません。

みんな優秀なんですかね(笑)

 

大打撃を受けた業界もたくさんある中で、エンジニアでよかったなと思います。

 

今はプログラミングを勉強してエンジニアになるための準備をしておくのが賢いのかなって時ですね。

すぐに稼げるようになれますし、仕事もたくさんあるのでプログラマーはおすすめですよ!

-仕事